ストレスニキビ男性女性ニキビケア

ストレスニキビできちゃった!男性女性共通のニキビケア

ストレスが溜まったことが原因でできてしまうストレスニキビといわれるものですが、男性にも、女性にもできるのは間違いありません。
このストレスニキビ、できてしまったらどうしたらいいのでしょうか。
具体的な対処法について考えてみましょう。

 

正しい洗顔方法を実践しましょう

正しく洗顔するってどうするのって思うかもしれませんね。
ランキングサイトなどで人気のある洗顔フォームや石鹸を選ぶといいのかとお思いでしょうが、一番の基準は「あなたの肌に合うものを選ぶこと」。
そのための判断材料としては、ニキビ用の刺激の少ないものを選ぶとよいでしょう。

 

 

ニキビ用洗顔フォームには刺激の強いものも少なくないです。
それがニキビに効くのかと思うかも知れませんが、逆です。
刺激が強すぎると肌がダメージを受けますのでむしろニキビ悪化の原因になります。

 

次に洗顔の方法ですが、まず洗顔フォームや石鹸を手に取る前に手をきちんと洗いましょう。
雑菌だらけの手で顔を洗ったらどうなります?そうです、その雑菌が顔についてニキビが悪化する危険性があります。

 

さて、洗顔フォームを…っと、その前に!顔をぬるま湯で軽く洗いましょう。
理由?毛穴の奥の汚れや皮脂が取れるよう毛穴を開かせるためです。
お湯の温度ですが、オイリーな肌の人は36度〜38度。乾燥肌なら34度〜36度。
デリケートな敏感肌なら28度〜32度で洗うとよいでしょう。
濡らしたタオルをビニール袋にいれてレンジで1分ほどチンしてそれをしばらく顔に乗せる手もあります。

 

ではいよいよ、洗顔フォームの出番。弾力が出るぐらいよーく泡立てて、手ではなく泡で顔を洗う感じで円を描きながら洗います。この際洗いにくく脂ぎりやすい鼻だけは指を使ってソフトにこすります。

 

そしてぬるま湯でよく洗い落とし、最後は冷水で洗って肌を引き締めます。
間違っても、刺激のあるシャワーで洗うなんて横着はしないように!肌が痛んでニキビをのさばらせますぞ。

 

 

ニキビケアのために正しい化粧水の使い方・選び方を学びましょう

洗顔が終わったら、遅くとも5分以内に化粧水で保湿しましょう。洗顔後は肌の水分や脂分がなくなっているため、体が皮脂を補おうとするためです。

 

皮脂の過剰な分泌で毛穴が詰まり、しかも皮脂のバリアが皮膚を守れない乾燥肌状態なので雑菌の攻撃をもろに受けるため炎症を起こしやすいという大人ニキビができやすい状態になる。
そういう事態を避けるために保湿が必要なのですが、ではどういう化粧水を選ぶとよいのか?

 

結論から言えば、浸透力の高い化粧水を選ぶべきです。その手の商品は値段の高いネット通販専売のものばかりでは?いいえ、例えば各サイトで評判の良い富士フィルムから発売されている『ルナメアAC』はドラッグストアでも販売されています。定価も2,376円とそれほど高くありません。またネット通販のみですが『オルビス 薬用クリアローション』は1,620円と更にリーズナブルです。

 

ニキビケアのために美容液でのスキンケアを忘れないように

化粧水で潤いを補いました。けどそれで終わりではありません。
化粧水は水分ですのですぐに蒸発して肌が乾燥してしまうのです。
そこで美容液で蓋をして潤いを持続させるわけですね。つまり化粧水は即効性を、美容液は持続性を司るのです。

 

成分として、皮脂の分泌をコントロールし酸化を防ぐビタミンC誘導体、角質層に存在し保湿とバリア機能を高めるセラミドは欲しいところ。

 

その他には保湿効果や皮脂の分泌を抑えるホホバオイル、殺菌作用や炎症を抑えるドクダミエキス、炎症を鎮め皮脂分泌を抑えるオウゴンエキスがあるとなおよいでしょう。

 

有効成分の濃い美容液はおしなべて価格は高く、また高いほど効果が期待できるのも確かです。
とは言え、高いしもったいないから少ししか使わなかったり、美容液をつけるだけで満足してしまい他のケアを怠るようでは思ったほど効果は出ずそれこそお金をドブに捨てるようなもの。

 

それならむしろ、安い美容液をたっぷり使ったほうが効果あるでしょう。