ストレスニキビ悪化

ストレスニキビが悪化してしまった場合の対応について

 

ストレスでできたニキビは、悪化しないうちに対応することが理想的です。
でも残念ながら、悪化してしまうこともあります。
その場合どう対応したらいいのかについて、この記事ではご紹介します。

 

ストレスニキビが悪化して病院の治療が必要になるときとは

ストレスでできたニキビは、悪化すると病院でケアする必要がある場合もあります。
その場合の有効な治療手段をご紹介します。

 

ストレスでできたニキビに対する病院での治療には、外用薬による治療と外用薬を用いない治療があります。

 

accept外用薬による治療

ストレスでできたニキビに対して外用薬による治療が行われるのは、特に炎症を抑えたい場合です。外用薬には、抗生物質、レチノイド製剤、硫黄製剤、漢方製剤、サリチル酸製剤、過酸化ベンゾイル製剤が用いられます。

 

これらのうち最もオーソドックスなのは抗生物質ですが、炎症を起こすアクネ菌を殺す効果しかありません。
次に硫黄製剤は、古くからニキビ治療薬として用いられていて、アクネ菌を減少させる作用、角質を柔軟にして毛穴が詰まるのを防ぐ作用、皮脂分泌を抑制して肌表面を乾燥させる作用があります。

 

なお、レチノイド製剤は2008年に保険適用となり、ディフェリンという製品名の方が良く知られていますが、後で詳しく説明します。
また漢方製剤についても、後で詳しく説明します。

 

accept外用薬を用いない治療ストレスでできたニキビに対する外用薬を用いない治療としては、ホルモン注射、ピーリング、局所注射、レーザー治療、面ぼう圧出、光治療、点滴治療があります。このうち、面ぼう圧出は、毛穴にたまった皮脂を器具で取り除くことです。また、光治療は青色LEDから発せられる光を使ってアクネ菌を殺すことです。

 

 

 

 

 

ストレスニキビ治療で使用するディフェリンに副作用はあるの?

 

ディフェリンは、角質の生成を抑制することで異常角化による毛穴の詰まりを防ぐという作用によって、ニキビの治りを早くします。
ただ、ディフェリンには副作用もあります。

 

例えば、紅班という皮膚が赤くなる症状とヒリヒリ感です
これらの副作用は、ディフェリンを使ってニキビ治療をした場合に80%という高い確率で発現します。

 

次に乾燥も、非常に高い確率で発生する副作用です。

 

ただ、ディフェリンの効果が角質層を薄くして新しい皮膚を下からどんどん新生させることにあります。

 

ですから、上記の症状は副作用というより随伴症状と解釈すべきだという見解もあります。

 

ストレスニキビ有効な漢方薬ってあるの?

ストレスニキビを病院で治療する際には、漢方製剤つまり漢方薬が用いられることもあります。
そこで、ニキビケアに有効と言われている漢方薬についてご紹介します。

 

ニキビケアに有効と言われている漢方薬は次の通りです。

 

 

ニキビケアに有効な漢方薬

  • 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
  • 炎症を緩和する作用があるので、腫れたニキビが出ている場合に、症状を抑える効果があるとされています。

  • 桂枝茯苓丸加慧苡任(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)
  • 血液の流れを良くしますので、老廃物の流れをよくする目的で処方されることがあります。また、ホルモンバランスを整える効果もあります。

  • 荊芥連??湯(ケイガイレンギョウトウ)
  • 皮膚の浅黒く、炎症を起こしやすい人のニキビに効果があるとともに、炎症を抑え肌に潤いを持たせる効果もあります。

  • 十味敗毒湯(ジュウミハイドク湯)

このように、漢方にはニキビの症状を抑える効果はありますが、漢方だけでニキビの症状がなくなる可能性は低いことに注意が必要です。

ストレスニキビにピルは有効なの?

ニキビケアにピルが有効と言われますが、その理由についてご紹介します。

 

ビルとはもともと、避妊目的で使われる薬です。日本ではビルの使用は長い間認められていなかったのですが、
最近低用量ピルの使用が認められました。
低用量ピルには、女性ホルモンと黄体ホルモンと呼ばれる2種類のホルモンが含まれていて、このことによって排卵が抑制されるので避妊効果があります。
そして、ピルがニキビケアに有効であるのも、女性ホルモンを含んでいるからです。

 

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで発生します。では、なぜ皮脂が毛穴に詰まるような状態になるかというと、その原因は皮脂の過剰分泌にあります。そして皮脂の過剰分泌の原因の一つは、ストレスなどによって自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位になり、男性ホルモンが多く分泌されるようになることです。

 

でも、先ほどご紹介したように低用量ピルには女性ホルモンが含まれています。ですから、低用量ピルを服用すると、ホルモンバランスを整えられるようになります。このため、低用量ピルはニキビケアにも有効です。